処女膜強靭症とはどんな症状なの?治療方法は?


処女膜強靭症の症状は?

処女膜強靭症とは、処女膜が通常より厚くて、伸びにくかったり硬くなってしまっていることを指します。通常の処女膜は、1ミリほどの柔らかい粘膜でできています。性交渉を重ねると徐々に馴染むので、痛みや出血がなくなります。しかし、処女膜強靭症の場合、日常生活では自覚症状はありませんが、性交渉のたびに強い痛みと出血を伴います。そのため性交渉をするのが怖くなってしまったり、不妊症になってしまうリスクがあります。出産のときにも、難産の原因になってしまいます。処女膜強靭症の原因は、先天的や心理的なものだといわれています。性交痛は1人で悩まず、パートナーや医師に相談することが大切です。

処女膜強靭症の治療方法は?

処女膜強靭症の治療方法は、いくつかあります。もし原因が心理的なものなら、カウンセリングで治ってしまう場合があります。原因が性交渉の際の潤滑液が足りない場合は、ローションで対処することができます。もし膣が生まれつき狭い場合は、切開手術や切除手術をする必要があります。また、処女膜が強靭な場合にも切開手術や切除手術が必要です。普通の産婦人科では処女膜強靭症は、なかなか診断されない場合があります。処女膜強靭症の治療経験がある産婦人科を選ぶことが大切です。この手術は10分~15分ほどで終わるので、入院せずに日帰りで体に負担をかけずに治療することができます。局部麻酔や静脈麻酔を使うので、手術中は痛みの心配はなく、術後もほとんど痛みません。大切なのは、術後の心のケアです。カウンセリングなどを利用し、性交渉への恐怖心をなくすことが重要です。

女性の膣入口付近の薄い粘膜を処女膜と言い、初めての性交で破れますが、まれに粘膜が厚かったり堅かったりする方がおり、これを処女膜強靭症と呼びます。性交の時に毎回痛みがあったり、出血があったりします。