大切な荷物の保護は梱包材が決め手?スチレンボードの上手な使い方を学ぼう!


荷物の運搬に梱包材が不可欠な理由

荷物の運搬は現在ではトラックなどの車両に積んで行うのが一般的です。荷物の積載は丁寧に行われますが、車両の走行中に外部からの衝撃を受けてしまい、傷や損壊などのトラブルに見舞われる可能性があります。荷物の運搬を安全に遂行するためには緩衝材を効果的に使うのが最も重要な条件です。緩衝材は荷物を覆うことで外部から伝わる衝撃を軽減させる効果があります。車両による荷物の運搬は衝撃を受けやすいので、荷物全体を覆う程の梱包材を使う必要があります。運搬中の荷崩れを防ぐ目的でも梱包材は必須なので、緩衝効果が高い物を選ぶのが荷物を傷めずに運ぶ条件になります。発泡スチロールを薄い板状に成形したスチレンボードは裁断や接着が容易なので、特殊な形状の荷物を梱包するのに最も適しています。

スチレンボードの扱い方と使用後の処分方法

スチレンボードは軽くて柔らかい発泡スチロールで作られているので、必要に応じて切りそろえることが出来ます。また、ボードを重ね合わせることで緩衝性を向上出来る他、荷物と他の梱包材に生じたすき間を埋めるのにも最適です。他の緩衝材とは違い、スチレンボードは包装材との間にすき間が出来ません。そのため、車両の走行中に荷物が動いてしまう心配が無いのも扱いやすいポイントの一つです。荷物の梱包に使ったスチレンボードは運搬中に生じたすべての衝撃や圧力を受けているので、使用後は表面に傷やへこみが生じて品質が落ちている可能性があります。傷んだスチレンボードは弾力性や遮音性が大きく落ちているので一度使った物は速やかに廃棄することが大切です。スチロール材の廃棄は地域のゴミ出しルールに沿った方法で行うのが社会的なマナーになります。

スチレンボードは、写真展、絵画展などで、作品のタイトルや作者名、素材などを印刷した紙を貼る発泡スチロールのような土台です。