CADを導入して業務効率をあげよう!CADを導入するメリットについて


CADを使うと効率が上がる理由

そもそもCADとは、どのようなもので、何が出来るのでしょうか。基本的にはCADには、人間が手書きで書いていた図面や設計作業を、パソコンで行なうことにより業務効率を図るという目的があります。業務の効率化を図ることができる理由は計算時間の短縮とその正確性にあります。たとえば、今まで人間が手書きで行なっていた計算は、パソコンであれば数字を打ち込んだ途端に計算できます。そして、CADを操作する人が正しい数字を入力すれば、CADソフトは正しい数字で計算していくというわけです。CADを利用して設計作業を行なった場合、実際に物作りや工事を行なう現場での調整が少なくて済み、結果として余計な手間を省いたスムーズな工事が可能となります。CADを導入することで、設計者と現場で作業をする側、どちらもスムーズな作業ができるようになります。

CADで出来ることや、よく利用している業界は?

CADソフトは、建築や土木工事を行なう建設業界でよく利用されています。たとえば、橋や道路、マンションや商業施設を建てる際、AutoCADや、AutoCAD LT、またAutoCAD Archtect などが利用されることが多いです。CADは、大きな建物の建設だけではなく、インテリアを考える際にも利用されます。建物の内装を、よりわかりやすく立体的にイメージするには3DCADが有効です。インテリアなどをCADを利用して図面に起こす場合は、依頼主が内装をイメージするために、より細かいデザインが求められることがあります。また、自動車や航空機など、精密機械を製造・生産する業界ではAutoCADやSolidWorksというCADをで設計することもあります。

水道CADは上下水道の配管図面や申請書の作成を行うための専用ソフトです。蛇口、排水桝などの専用記号や申請書の書式を搭載し、図面や申請書の完成と共に自動計算システムによる大幅な時間短縮が実現できます。